2008年08月29日

民家をリサイクル&リユースしています。

私たちは、現代社会の中で役割を失い、廃棄されることになった民家や土蔵をリサイクルする活動を行っています。

古い民家には現在では手に入りにくくなった良質の木が使われています。それらは構造的にはなんら問題はなく、容易に廃棄されるにはあまりにももったいないものばかりです。そして、その場所で必要なくなったものでも、ほかの場所で、ほかの家の人々のために、新しい命を与え、再利用できるものです。

そういった民家や土蔵は現代の民家には新築にない「歴史」を持っています。それが建物を新築以上に魅力的にするのです。
posted by 兼広 小林工務店 at 14:32 | 新着情報

信州の大工です。

私どもは長野県安曇野市に店を構える大工です。大工だから直接木にさわり、においをかぎ、手と体で民家を感じます。
posted by 兼広 小林工務店 at 14:28 | 新着情報

民家から学ぶ

古い家はもともと、再利用されることを踏まえて建てられています。今の建築にはない考え方です。多くの民家に携わりながら、この民家を建てたかつての大工が寄せた思いを考えます。民家を効率的に再利用すると同時に、大工として多くのことを学んでいます。
posted by 兼広 小林工務店 at 14:24 | 新着情報

このページの先頭へ戻る